臨床検査部のご紹介
 
臨床検査とは
  病院で行う検査には、患者さんから預かった血液や、尿や便など排泄物中の成分を分析する検体検査、心電図検査のように直接患者さんから情報を得る生理機能検査、輸血の際に行う交差適合試験など、さまざまな種類の検査があります。
これらを総称して、臨床検査といいます。
検査データーは、患者さんの診断や治療を行う際、非常に重要な情報となります。
生体データを分析し、診療の補助をするのが臨床検査技師です。
検査項目とは
生化学検査
肝機能  GOT,GPT,γ-GTP,総ビリルビン(T-B),直接ビリルビン(D-B)など
腎機能  BUN,クレアチニン,尿酸など
電解質  ナトリウム,クロール,カリウム
その他  血糖など
血液検査
血液検査は、血液成分である赤血球、白血球、血小板などを数えます。
この他に、血液がどのくらいの時間で止まるかを調べる検査や、固まる速さを調べる凝固検査などがあります。
尿検査
尿中の蛋白質や糖質、その他の成分を調べます。その他、中に含まれている血液などの細胞成分を顕微鏡的に検査をします。
便検査
便中に血液が混ざっていないかを検査します。
輸血検査
手術や貧血などで輸血しなければならないとき、血液が間違いなく患者さんに合うかどうかを検査します。
免疫検査
肝炎ウイルスなどの感染症の有無を調べます。
生理検査
心電図  不整脈,心筋梗塞などの診断に役立ちます。
ホルター心電図  24時間の心電図を記録し、1日の心臓の動きを観察します。
脳波検査  脳梗塞やてんかんなどの診断に役立ちます。
肺機能検査  肺活量などを測定し、肺の機能を調べます。
超音波検査  超音波を用いて、体の中を画像として観察し、調べます。
ABI検査  手と足の血圧を測定し、動脈硬化などの診断に役立てます。
Back
  Copyright(C)2008 JIKEIKAI. All Rights Reserved.